このエントリーをはてなブックマークに追加




マネージドアカウント「あなたでもFXで儲かる世界初の錬金術」

1150_2














 

1150_2_1_1

運用資金の安全

マネージドアカウントに限らずあなたが投資をする際には必ずファンドや投資運用会社などに資金を預けます。

独自の人脈、情報網から各々の許容リスクに照らし合わせ投資案件を判断できる(裏付けをとれる)投資家は少なく、

多くの投資家は全体像が掴めず不安を感じてしまいます。

実際のところ資金管理方法を開示しないケースが多いためお金の流れが見えづらく、

投資家の運用資金が本当に運用されているか分からないケースが多々ありますから無理もありません。

2012年に企業年金の運用を行っていたAIJ投資顧問が運用資金を消失していた問題は、

日本の厚生年金制度自体を廃止に追い込むまでに至り、大きな社会問題となりました。

2013年に金融庁お墨付きであったMARS投資に全く取引実態がなかったという問題はまだ記憶に新しいことでしょう。

ようは、どんなに信用力のあるように見える大手であっても運用資金を預けるという事は、それ自体がリスクだということです。

一度、運用資金を預けてしまえば多くの場合は、運用者からの運用報告でしか、運用状況を知る術が無く、

その運用報告自体が事実であるかさえ確認する術が投資家には無いと言いきっていいでしょう。

WP素材 比較表2

マネージドアカウントでは投資家自身のFX口座から資金を移動せずに運用を行えることが最大の特徴と言えます。

また、運用資金は投資家名義の口座なので投資家本人のみしか出金することができませんから、

運用者を含めたいかなる第三者も投資家の資金を動かす権限はありませんので、

マネージドアカウントは非常に安全でファンドにはない安全性を担保できます。

マネージドアカウントは投資家が口座開設した証券会社会社の口座にて運用が行われますので、

運用者からマネージドアカウントの運用状況の報告を受けなくても

投資家自身の口座(レポート)を確認することでマネージドアカウントの運用状況をリアルタイム(毎日でもOK)で確認できます。

このレポートはマネージドアカウントを口座開設している証券会社にて実際に取引された結果であって、

取引システムにて投資家が直接閲覧できます、マネージドアカウントはこれ以上無い運用の透明性といえるのでしょうか。

投資知識いらず簡単

マネージドアカウントは自身でFX取引を行わず運用成績が優秀なプロの運用者が投資家の代わりにFX取引を行いますので、

投資家が行うことは運用者リストからマネージドアカウントをさせる運用者を選択するだけで、FXや金融商品に関する知識は必要ありません。

マネージドアカウントの基本的な方針は複数の運用者に運用委託する分散投資が原則ですから、

運用者の選択に迷ったり、自身で運用者を見つけることができない場合は、

お薦めしているマネージドアカウント運用者リストに分散投資頂くのも一つの方法です、これは個別対応します。

マネージドアカウントは積極運用型(リスクに見合った運用益を見込む)と安定運用型(リスクを抑え安定した運用益を見込む)に分けることで、

複数運用者へ運用委託することでマネージドアカウントの資産バランスが取れます。

基本的には中期的な流動性(最低でも6ヵ月~12ヵ月、一般的には3年~5年)を担保してマネージドアカウントを組んでいきます。

優れたコストパフォーマンス

マネージドアカウントも含めて基本的に資産運用には様々なコストが嵩みます、

そこそこ運用益は出ていたのに結局手数料負けするという話も少なくありません。

ファンド運用ではマネージドアカウントと違い、初期の申込み手数料や管理手数料や解約手数料などの手数料が発生することが多く、

これは、ファンドを組成する際に、弁護士費用であったり、カストディー、法人設立費用や販促費、

営業の従業員や運用者の固定給などの人件費を支払わなければならない為でファンドからすれば必要経費で仕方ありません。

マネージドアカウントでは、証券会社がファンド運営会社が行う様々な機能を担うことによって、必要経費を抑えることが可能になります。

まず、マネージドアカウントは初期の申込み手数料は一切必要なく、運用者が個人である場合は成功報酬以外の費用の徴収を行っていません。

マネージドアカウント運用者がCommodity Trading Advisor(先物運用の専門業者)などの大手運用会社であっても、

原則では管理報酬等の固定報酬は徴収しておりませんが、運用会社の一部で管理報酬を徴収する場合もあります。

WP素材 比較表3

基本的にマネージドアカウントに発生する費用は運用益が発生した場合の成功報酬と証券会社の取引手数料のみとなります。

多くの資産運用手法ではマネージドアカウントと違い、手数料体系(運用コスト)が複雑で投資家が決断できるだけの情報が得られない場合があります。

マネージドアカウントという仕組みで投資家と運用者さえマッチングできれば極限まで運用コストを下げることが可能になり、

手数料は単純明快で誰にでもわかりやすいものと言っていいでしょう。

マネージドアカウントに限らず資産運用におけるコストの考え方として、

日本でいう「税込価格」ではなく「税抜価格」で考えないといけないということがわかります。

マネージドアカウントに隠された

マネージドアカウントは投資家からすれば21世紀の錬金術だと言ってもいいでしょう。

ただし、マネージドアカウントだけで完結できないという点にお気づきでしょうか?

『マネージドアカウント』それはFX会社が抱える信用リスクの上に担保されているからです。

「分別保管」と謳うことで安全性をアピールしている海外FX会社(マネージドアカウント提供業者)の多くが

FX会社名義・管理下の銀行口座で管理しているので、信用リスクは何も回避されず実際には安全性は欠けていて、

ほとんどの海外FX会社(マネージドアカウント提供業者)は選択肢から外れます。(マネージドアカウントに不適)

日本のFX会社で採用されている「信託保全」は比較的、安全性は高いと言えるでしょう。(マネージドアカウントに適)

※日本国内の証券会社は規制があるのでマネージドアカウントを提供できません、投資家がマネージドアカウントで資産運用することは問題ありません。

しかし、不安材料として投資家は最初にFX会社の口座に証拠金を入金しますから、

FX会社が信託銀行に預けるかどうかは完全にFX会社の意思によるもの(自主的なもの)であり、

信託銀行に預けられたお金に関しては完全にリスクから回避されますが、

投資家の資金が実際に信託保全されているかどうかは投資家には開示されませんので投資家の許容リスク次第という部分があります。

これはマネージドアカウントというよりFX取引を行う際に信用リスクとしてトレーダーは懸念しないといけないということです。

WP素材 比較表

「完全分別保管」という方法は、現在考えられるスキームの中では最も安全な投資家資金の保護システムだと言えます。(マネージドアカウントに最適)

マネージドアカウントをする際の証券会社選びで投資家として安心材料に繋がるというのは、

投資家は資金管理の金融免許を保有する資金管理会社(カストディ)に直接、運用資金を預ける事ができるので、

FX会社はマネージドアカウント用の資金を保有する時も投資家の運用資金に触れることなく、弁護士(カストディアン)によって管理されます。

そして、FX会社と弁護士の両者の許可がなければ資金を動かす事ができないことから

FX会社の信用リスク(倒産、不正出金など)を完全に回避できるようになります。

結果として、マネージドアカウントを検討する際に最も大きい信用リスクを回避することができるようになります。














 

マネージドアカウントで投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。