このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

i6Csk7mUQZig

2013年で最も優れたリターンをあげたヘッジファンドのランキングが、

ブルームバーグマーケッツから発表され、1位はグレンビュー・キャピタル・オポチュニティで、84.2%という結果になりました。

米国株式市場が歴史的な上昇を見せる環境で苦戦するファンドが多かったんですが、病院など「オバマケア」関連銘柄で大当たりを飛ばしました。

ほぼ毎年のように、特定の偏った戦略が上位を占めることが多いのですが、

2013年はそれが顕著で、ロング&ショートかロングが上位10個のうち半分を占めました。

それは、S&P500が23.5%という記録的な上昇となったためで、いかに上昇した株式を組み込めるかどうかの年でもありましたね。

以下ランキング。

◆2013年ヘッジファンド リターンランキング(ファンド名、13年リターン、12年リターン、戦略)

1 グレンビュー・キャピタル・オポチュニティ 84.2% 54.3% ロング&ショート

2 マトリックス・ジャピタルマネジメント   56.0% 20.0% ロング&ショート

3 ポールソン・リカバリー          45.0% 4.9%  ロング

4 ランズダウン・デベロップド・マーケッツSIF 39.7% 30.0% アクティビスト

4 ザ・チルドレンズ・インベストメント    39.7% 30.0% アクティビスト

6 アウル・クリーク・オーバーシーズ     38.1% 11.1% マルチ

7 グレンビュー・キャピタルパートナーズ   37.2% 24.2% ロング&ショート

8 トライアン・パートナーズ         34.9% 0.9%  アクティビスト

9 パロミノ                 31.5% 29.3% オポチュニスティック

10 ペルハム ロング&ショート        30.3% 18.4% ロング&ショート

※運用資産10億ドル以上のファンドが対象

i87x6kb5Dn2U

1位となった、ラリー・ロビンス氏(44)率いるグレンビュー・キャピタルですが、昨年たまたま当たった一発屋ではありません。

ここに至るまで、約10年にも及ぶ長期投資が花ひらいた結果であったと言います。

90年代から、医療費抑制が避けられない状況となっていた米政府ですが、2003年にブッシュ大統領が、メディケア改革を発表。

それは高齢者・障害者医療について、民間医療保険の参入障壁を低くしようというものでした。

実際には、現場の医師の過半数が国民皆保険制度の導入を支持するようになっている調査結果も出ていました。

2004年になり、ロビンス氏は、病院株の投資に踏み切ったのです。

保険加入社が増えることで将来的に、病院で診療を受ける人が増えるとの読みからです。

それからは、何度かマイナスの年を経験したものの、2012年に54.3%のリターンを得ました。

そして、昨年はオバマ大統領が「オバマケア」政策を打ち出して、

国民に対して医療保険の加入を義務付ける制度を目指したことが、関連銘柄の株価上昇に火を付けた結果となりました。

ロビンス氏が選んだ株は、昨年だけで5割以上も上昇した病院経営のテネット・ヘルスケア、

さらには、ヘルス・マネジメント・アソシエイツ、HCAホールディングス、

コミュニティ・ヘルス・システムズなどが次々と値を上げていった。

ロビンス氏は昨年、CNBCに出演した際に、2013年の投資運用方針について、

「私はリスクオフなどしないし、中長期投資家にとっては、とても、とても、良い機会を与えられた」と語っていました。

長期投資家の本領を発揮しました。

幼いころの逸話として、競馬場が自宅から近く、週末になると、父親につれていってもらうことも多かったそうです。

走る馬の選び方、走らない馬の見切り方などを養ったそう。

ヘッジファンド業界は博才がある人も多いが、ロビンス氏もそうであるのだろうか。

唯一の失敗とも言えるのは、小売り大手JCペニーの大幅下落で、当時は34歳だったペーペー運用者の読みは見事だった。

まさに、投資は、未来を読み切った者が制する、ということ。

2007年に住宅市場の崩壊を読み切って、サブプライムローンをしこたま集め、

当時で1兆円以上の利益を出したヘッジファンドレジェンド、ジョン・ポールソン氏が復活した年でもあった。

3位にポールソン・リカバリー、18位にエンチャンスド、24位にアドバンテージ+が入っている。

他では、ソニー、ソフトバンクなど日本株を積極的に買うダニエル・ローブ氏率いるサードポイント・キャピタルのウルトラファンドが12位。

ヘッジファンド界のスーパーモデル、ジェイミー・ジマーマン氏率いるライトスピード・パートナーズが紅一点、25位に入った。

下記は参考資料。

ijb6MugDh1IA

iOq29hL3elUk

iVCa9FjMynMsijrX2x5UtA5s

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。