このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

20121206_special292x292

年100万円という目標は同じでも、年収が違えば、貯め方は変わってくるものです。

年収別に、無理のない貯め方の目安や目標の決め方をレクチャーします。

1年ごとに貯蓄目標を決め、『毎年確実にためる』という貯蓄習慣を身に付けるのは、今の時代に絶対に必要なスキルです。

今の20~30代は、右肩上がりの給料やボーナスが期待できない状況。

若い頃にためられなかった分を、年齢を重ねてから補うことが難しくなっています。

若いうちからためる習慣を持つことが、老後も含め、いざという時の自分の身の助けになります。

日経ウーマンが行った読者調査では、貯蓄したい目標金額で最も多かったのが100万円。

そこで、まずは1年間で100万円の貯蓄を目標としたいですね。

ボーナスを考えずに計算すると1カ月約8万4000円。ボーナスを貯蓄する場合、その分、月々の貯蓄額は減っていきます。

しかし、ひとり暮らしで年収が少ない人にとっては、この金額の実現はなかなか難しい現状にあるでしょう。

1年で100万円は、あくまでも目標数値です、できる限り近づけるように頑張ってみましょう。

どのくらいの期間があれば100万円貯められるのか試算して、その目標を達成できるように家計を見直すといいですね。

まずは、月の貯蓄額と、その結果、1年で貯まる金額をチェックしてみましょう。

もし1年で100万円に届かなくても、どのくらいの期間で達成できるか、試算してみてください。

最低でも年収の15%は貯蓄に回せるようなお金の管理をしていきましょう。

96958A9C93819499E0E2E2E29C8DE0E2E2E3E0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXZZO6556769020012014000000-PB1-20

一方で、年収400万円以上の人には、年100万円以上の貯蓄を目指してほしい。

実は年収500万~600万円の人に、貯蓄下手が多い傾向にあります。

余裕があるため、家計管理をせずに贅沢をして、貯蓄できない人が増えてきます。

ここでは、年収別に、1年、あるいはそれぞれの状況に応じた最短の期間で、貯蓄100万円を達成する方法を紹介していきます。

~年収別・1カ月にためるべき金額はコレ~

【 手取り年収 200万円台 】

最低限の貯蓄習慣をつける努力をする

手取り月収が10万円台の人も少なくない年収200万円台女子。

実家暮らしの人は、家賃や光熱費を払うつもりで、思い切って月収の半分を貯蓄。

やりくりの練習にもなります。ひとり暮らしの場合、無理をせず生活に支障を来さない範囲の金額を目標にしましょう。

■実家の場合

実家暮らしは貯蓄できる最大のチャンス

実家にいくらお金を入れているかにもよりますが、実家暮らしなら年間100万円は難しくありません。

家賃や光熱費の実費負担がない実家暮らしは、人生で最も貯蓄できる時期です。

余裕がある分を使ってしまうのでなく、今のうちにできるだけ貯めましょう。

貯蓄の目安は月8万4000円以上、または月5万円+ボーナス40万円です。

■ひとり暮らしの場合

年収200万円台のひとり暮らしでも、年間の貯蓄目標額は20万~30万円の貯蓄は最低限確保したいところ。

支出を見直し、余剰分やボーナスは全額貯蓄するなど、金額を増やす工夫をしましょう。

ある程度貯まったら、一部を低リスクの運用に回すなど財テクを多様にしないとまずお金は貯めにくい状態です。

貯蓄の目安は月2万〜3万+ボーナス全額貯蓄です。

【 手取り年収 300万円台 】

無駄遣いを見直し貯蓄額をアップする

ボーナスがある場合、手取り月収が20万円前後の人が多い年収300万円台。

月々の支出を見直せば、2~3万円は減らせるでしょう。

14年4月の消費税の増税後は、年収300万円台で年間約10万円は支出が増えると予想されます。

今から無駄を省く工夫をしましょう。

■実家の場合

実家暮らしの場合、ボーナスに頼らなくても年間100万円の貯蓄が達成できるはず。

ボーナスは使い切るのではなく、できるだけ貯蓄をする意識で。実家なら年間100万円以上を目標にしましょう。

貯蓄の目安は月8万4000円以上です。

■ひとり暮らしの場合

手取り年収300万円台前半、かつ都市部のひとり暮らしにとっては、年間100万円の貯蓄は厳しい場合も。

ボーナスをすべて貯蓄するなど、生活費を削りすぎずにためる工夫をしなくてはなりません。

貯蓄の目安は月5万円+ボーナス40万円です。

【 手取り年収 400万円台 】

年収300万円の感覚で生活し、残りはすべて貯蓄生活に余裕が出てくる年収400万円以上の人は、

実は財布のヒモが緩み、貯められないケースが多くなります。

実家なら年収200万円台、ひとり暮らしなら年収300万円台のつもりで生活し、余剰分はすべて貯蓄に。

しっかりと働けるうち、収入があるうちにためるのが肝心です。

実家暮らしなら貯蓄の目安は、月12万以上+ボーナス貯蓄。

一人暮らしなら貯蓄の目安は、月10万以上+ボーナス貯蓄。

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。