このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

hokn0001

女性が生涯独身でいることを決めたら、早めに老後資金の見通しをチェックしましょう。

一般に女性は男性より長生きなうえ、公的年金の支給額が少ないんです。

そのため年金の不足分を補う「自分年金」づくりを強く意識する必要があります。

漠然とした不安を抱えるより、備えるべき額を把握してすぐに動き出した方が賢明です。

「私の年金、これだけしかないの?」。

市内に住むシングルの会社員、Aさん(41)は初めて日本年金機構の「ねんきんネット」で見込み額を調べてショックを受けた。

このまま働き続けると65歳から受け取る年金は月14万円程度。

マンション購入の相談で訪れたファイナンシャルプランナー(FP)に老後への備え不足を指摘され、慌てて家計の見直しと積み立てを始めました。

Aさんの年金額は女性にしては少なくありません、厚生労働省によると女性の厚生年金の平均月額は10万2千円。

現役時代の給与と加入期間で決まるため、女性は男性より少ない傾向が顕著(グラフA)。

女性が7割を占める非正規雇用では厚生年金の受給資格が得られないケースもあるんです。

その場合もらえるのは基礎年金だけになり、額はさらに少なくなります。

96958A88889DE4E5E6E0E1E5E5E2E0E4E2E0E0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXBZO6741407026022014000001-PB1-16

ではシングル女性は自分年金をいくら用意すればいいのでしょうか。

求める生活水準や死亡年齢、年金額、企業年金の有無などによって変わりますが、

60歳から平均寿命の87歳までに必要な資金として2000万円が目安になるでしょう。

総務省の家計調査によると、60歳以上の女性単身世帯の平均消費支出は月15万円程度です。

年金がもらえない60~64歳分の約900万円は自分で用意する必要があります。

加えて年金受給が始まっても65歳以上の単身無職世帯では月2万8000円程度不足するため、

65~87歳に約740万円が必要で、これに入院などの予備費300万円を入れると2000万円程度になります。

ただこれはあくまでも平均値を使った試算で、

例えば家計調査で住居費は月1万5千円程度と低く、賃貸住宅に住む場合は余分に準備しなければなりません。

また「豊かな生活に必要な資金」を確保したい場合は月額26万円を想定する必要があります。

この場合、自分で賄わなければならない老後の不足額は2611万円とシングル男性(674万円)の4倍近くにも膨れてしまいます。

「現役時代の賃金の低さと寿命の長さが大きな要因」だと言えるでしょう。

「支出の合計額」から「収入の合計額」を引く方法で試算すると・・・

65歳まで働き続け、65歳時点の平均余命(23.82歳)より余裕を見て30年間、つまり95歳まで生きる前提とします。

65歳まで働いたことを考慮するため、収入は厚労省の賃金構造基本統計調査をもとに年金が月14万円、退職一時金1709万円と算出。

老後の生活費は見通しにくいが「現在の8掛け程度で考えるといい」でしょう。

親からの贈与や相続もありうる人は早めに話し合い、老後資金に織り込んでおいた方がいいと思います。

ただ、こうして割り出した自分年金額も年金の支給開始年齢引き上げや平均余命の延びを考慮に入れると、

「さらに増える可能性がある」ことは頭に入れておきたいですね。

シングル女性の多くが節約志向は強いが、普通預金や定期預金にそのまま置いている人を見かけます。

扶養控除などがある子持ち世帯に比べ「独身者は税負担が相対的に重くなりやすい」面も見逃せません。

マイホームを購入しても単身用の50平方メートル未満であれば、住宅ローン控除は受けられません。

「2000万円ためるのは無理と思う人も多い」が、諦めるのは早計です。

自分年金額2600万円程度を40歳から積み立て投資で備える場合、年2%の利回りで月6万7千円弱、年3%では5万8千円でたどり着きます。

積み立て開始は早いほどいいんです(表C)。

96958A88889DE4E5E6E0E1E5E5E2E0E4E2E0E0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXDZO6736885025022014PPF000-PB1-16

投資にリスクは付きものですが、

長生きする可能性、今後の物価上昇リスクを考えると、運用である程度リスクを取ることを考える必要はあるでしょう。

しかし実際に準備を始めている人は多くありません。

年金シニアプラン総合研究機構が40、50代の独身女性を中心に調査したところ、

「老後の生活費が不安」と答えた割合が9割近くだったが「老後の生活設計をまだ考えていない」との割合が未婚者全体の46%を占めています。

結婚するかどうかは未定で、老後を真剣に考えることも先送りしている人は意外にも多いんです。

まず年金額や企業年金の見込み額、保険の満期金などをチェックすることから始めてはどうでしょうか。

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。