このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

heres-the-first-job-ad-weve-seen-for-a-bitcoin-trader-at-a-hedge-fund

2013年に、運用をやめて解散したヘッジファンド運用会社が904社に上ることが、Hedge Fund Research(ヘッジファンドリサーチ)社の調査でわかりました。

3年連続の増加で2010年以降では最多となり、

リーマンショックの起きた2008年から解散した運用会社は減少傾向で、設立会社が増加傾向にあったんですが、

日米などの株式市場が好調だった2013年は設立数が減少し、解散数が増加しました。

設立  解散
2008 659  1471
2009 784  1023
2010 935  743
2011 1113  775
2012 1108  873
2013 1060  904

合計 5659  5789

業界的には、スターヘッジファンドとダメヘッジファンドが混在してしまうために、

ベンチマークを下回るものも数多く出てきてしまいます。

また、十分なヘッジを取らずにレバレッジを高く取ることで、リーマンショック時のような事態に陥ることもあります。

そのため、2008年以降は、一定以上の解散数が発生するようになっています。

また、ヘッジファンドの収入源である運用出来高報酬フィーですが、前年よりも1.54ポイント上昇し、平均18.27%となり、

2013年に設立のヘッジファンドのフィーは平均16.99%でした。

また、英調査会社Preqin(プレキン)の別の調査によると、2007年以降に開始したヘッジファンドは、

最初の3年間の平均年利が8.80%で、従来からあるファンドの5.38%よりも平均的に上回っていますが、

最初の1年間は不安定でボラティリティが大きいこともわかっています。

国別では、北米で最も多く新たなヘッジファンドが誕生しています。

一方では年金基金の担当者などは保守化していて、株式のロングオンリーでの運用を望むなどの変化も見られ、

ヘッジファンドそのものの良さに目を向ける担当者が少なくなってきていると言ってもいいでしょう。

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。