このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

96958A9C9F819499E0E0E2E2E08DE0E0E2E1E0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXBZO6869222022032014I00001-PB1-19

今回の「50代」は、あえてシングルもファミリーもひとくくりにしています。

豊かな老後へ向けてやるべきことを考えると、家族構成はあまり関係ないからです。

どんな世帯であっても、50代は資産形成のラストスパートをかける位置にいます。

また、どんな資産状況にあっても、その上積みを50代に試みることが重要でしょう。

もちろん、子育てファミリー世帯、DINKS世帯(共働き夫婦で子どもがいない世帯)、シングルを比べると、

子育てファミリー世帯がお金をためるためには一番厳しい環境だといえます。

育児費用や学費は1人あたり2000万円はかかるとみられますし、高校と大学の学費が一番の重荷となるうえ、多くは50代に学費負担が生じます。

これを払ってなお自分の老後に備えるのですから苦労はひとしおです。

しかし、DINKS世帯やシングルがラクかというとそうではありません。

子育てに回さない費用を自分達の生活水準向上に使ってしまう(つまりゼイタクしてしまう)ので、

老後に期待するお金も多くなり、「ためる余裕はあるが、老後に欲しい余裕も増える」関係が生じます。

結局のところ、すべての世帯は自分の老後のためにがんばってお金をためなければならないわけです。

現在20代の方が60歳になる頃には、現役時代が70歳に近くなるほど伸びてくると思います。

老後に達するまでの時間が長くなりますし、老後は少し短くなります。

ためる期間は増え、使う時間は減るから安心かというとそうともいえません。

まず、60歳以降にも貯蓄できるほどの稼ぎを得られるかは未知数です。

確かに現在、60歳以降も働ける時代になりました。

希望すれば65歳まで会社は雇用の義務があるからです。

しかし、定年は60歳のままで、いったん退職し再雇用されるのが一般的です。

この場合、正社員より給与が下がることが多く、公的年金をもらうまでの間、財産の取り崩しをしなくて済むものの、

貯金を続けるほど余裕がないことが多いのです。

また、定年退職後に起業をしてチャレンジすることも雑誌では流行であるかのように紹介されていますが、

これも安定的な収入となるかは未知数です。お金をかけて起業して、売り上げがまったくたたなければむしろ赤字になってしまいます。

60歳以降について生活費を稼ぐことは可能だと思いますが、毎月何万円も貯金し、老後のお金をためられると過信することは禁物です。

結果としてためられればラッキーだと思うぐらいがいいでしょう。

やはり、勝負は「50代」なのです。

50代での貯金は、20代の頃のように「毎月1万円」ではなく、もっと積み上げたいところです。

何せ時間は限られています。それに年収は20代の頃よりは多いはずですから、ためる力はあるはずです。

仮に毎月2万円、ボーナスごとに12万円をためられると、これは平均して毎月4万円の資産形成に相当します。

年間48万円ですから10年間で480万円です。仮に年3%のリターンが得られたとすれば、60歳時点での資産額は557万円となります。

ファミリー世帯は子どもの学費負担がありますので、まずはここまでの目標をクリアするようがんばりたいところです。

元本550万円までの利子については非課税となる財形年金を活用するとちょうどいい感じです。

子どもが卒業したら、学費分を老後の貯金に回して一気に積み立てを加速させます。

仮に学費が年100万円かかっていたら、55歳で子が卒業してくれれば残りの5年で500万円貯金するという案配です。

シングルやDINKS世帯は学費という重い負担がない分、毎月の積み立て目標をアップさせた方がいいでしょう。

先ほどの例でいえば、2倍の積み立て目標すなわち毎月4万円、ボーナスごと24万円(毎月8万円)くらいの覚悟はしておきたいところです。

これなら50歳まで老後の貯金をしていなかった世帯であっても1114万円の財産を手に60歳を迎えることができます。

50代はしんどいかもしれませんが、その分老後は豊かになるはずです。

これに退職金や企業年金が加わり、公的年金も受け始めれば余裕をもった豊かな老後になることでしょう。

60歳以降に貯金が難しい以上、50代のがんばりが老後の豊かさを招くことは明らかです。

100万円でも50代にためることができれば、10万円の旅行を10回楽しめます。

定年後ずっと家にひきこもっているセカンドライフと比べれば、ずっと楽しい充実した豊かな老後になるでしょう。

200万円あれば10万円旅行×20年、もしくは10万円旅行×10年と5万円の誕生日ディナー×10年(夫婦なので年2回)を楽しめます。

地味な年金生活も記念日が楽しめればずっと「充実感」が出てきます。

50歳になったら、自分の家計の状況をしっかりチェックし、ローンの返済と貯金の上積みを考えていきましょう。

50代、ラストスパートの10年をどう過ごすかが、セカンドライフのバラの花の数を決めるといっても過言ではないのです。

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。