このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

explanation

海外不動産に投資するメリットは数多くあります。

例えば、土地と建物の価格比率の違いに基づいた、減価償却費の計上額を利用した節税メリット、

円に対する外国通貨の為替レートの違いを利用した取得価額の圧縮など、上手く利用すれば大きな見返りを得ることができます。

しかし、メリットを充分に享受するためには、投資・運営・売却にまつわるリスクを適切に管理することが必要だと言えます。

その中で注目される理由の最たるものは節税効果があるからです。

h4_title02

スクリーンショット 2014-04-19 14.08.41

h5_title03

【海外物件の償却試算】 (1ドル=97円)
・償却部分 建物比率の80%
・残存価額(初年度) 3880万円

アメリカの会計評価基準で償却を行った場合、日本と異なり土地の価格が安く、建物の比率が80%と大きいため、残存価額が非常に大きく計上されます。

アメリカの会計評価基準で償却を行った場合、日本と異なり土地の価格が安く、建物の比率が80%と大きいため、残存価額が非常に大きく計上されます。

h5_title04

【日本の物件の償却試算】
・償却部分 建物比率の20%
・残存価額(初年度) 1000万円

日本の評価基準で償却を行った場合、建物部分の比率が20%しかないため、初年度の残存価額が、1000万円と償却できる部分がかなり小さくなってしまいます。

h4_title03

スクリーンショット 2014-04-19 14.13.54

h5_title03

【海外物件の償却試算】 (1ドル=97円)
・償却部分 建物比率の80%
・償却年数 4年
・償却年額 1552万円 (初年度)

アメリカの会計評価基準で償却を行った場合、日本と異なり建物の比率が80%と大変大きいため、初年度で1552万円の減価償却費を計上することができます。日本の税法では、この処理で発生した赤字を給与所得と損益通算することで所得税還付が受けられ、住民税も軽減することができるのです。

h5_title04

【日本の物件の償却試算】
・償却部分 建物比率の20%
・償却年数 4年
・償却年額 400万円 (初年度)

日本の評価基準で償却を行った場合、建物部分の比率が20%しかないため、初年度では、400万円しか減価償却費を計上できず、損金が相対的に少ないため、節税メリットを享受することができません。

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。