このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

asset-management-planning

なぜ資産運用をするのかと言えば、働いて得る収入から貯蓄などを積み上げて行くと共に、保有している資産に働いてもらい少しでも豊かな生活をしたいと考えるからでしょう。

もしくは、マイホームの購入、子どもの教育費などのライフイベントを余裕を持ってクリアしていくためと言ってもいいのかもしれません。

余裕を持ってと言いつつも、かつて、正確には1990年代の半ばくらいまでは、預金金利や国債などの金利が高かったことから、資産に働いてもらうということが希薄だったことは否めません。

けれども極端な話、普通預金にあるお金を定期預金に預け替えるだけでよかったからです。

ところが、定期預金金利が0.1%を下回ることが恒常的になっているうえ、2013年半ば以降は物価の上昇が鮮明になってきたことから、真剣にお金に働いてもらう資産運用を考える必要が高まっています。

資産運用をしなくても対処できたデフレに慣れているかもしれませんが、1日も早くデフレからインフレへと発想の転換をしなければならいのです。

資産運用の基本は「国際分散投資」になりますが、その際資産クラスに好き嫌いを設けることなく、基本通りに分散を行っていくことが大切になります。

国際分散投資の基本は後日詳しく解説させていただきますが、簡単に言えば国内外の株式や債券などに分散することになります。

たとえば、国内の債券。国内の債券を資産の一部、いわゆるポートフォリオに組入れる場合、国内債券の金利は預貯金の金利と大して差はありません。

また、今後金利が上昇すれば債券価格は下落することから、ポートフォリオに組入れる必要はないと考えてしまう人がいるようです。

債券の仕組みから考えれば先に述べたことはもっともなことですが、国内債券をポートフォリオに組入れることで、ポートフォリオ全体の価格変動の振れ幅を抑えることができるのです。

つまり、国内債券はポートフォリオにおける安全弁という性格を持っていると言い換えてもいいでしょう。

あるいは、新興国の株式。2014年に入ってからアルゼンチンペソの急落に端を発して新興国ショックが起こったのは記憶に新しいところです。

また、新聞や週刊誌などの報道を見ると反韓、反中、さらにはわが国が理不尽な扱いを受けた等々、

新興国に対する見方が近年になくネガティブになっていますが、国際分散投資において世界成長の果実を取りに行こうとすれば、

新興国へ資産配分を行わないことがリスクなのです。

2013年、世界のGDP(国内総生産)の比率は、新興国全体が先進国全体を上回ったのですが、

これに対して株式市場の時価総額は、先進国全体の比率が新興国全体を大幅に上回っているのです。

GDPと株式市場の時価総額はリンクすると言われていることから、長い目で市場を俯瞰すれば、

新興国の高成長を国際分散投資に組入れていくことが、資産全体の収益を底上げが期待できる可能性が高いと考えられるのです。

資産運用においては好き嫌いのような感情を挟まず、冷静に基本に即した運用を継続していく必要があると言えるでしょうね。

 

保険見直し、家計相談など個人向け貯金コンサルティング、財務改善、資金調達サポートなど法人向け財務コンサルティングが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。