このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

mainphoto

海外の不動産投資を見てみますと、やはり、イギリスの不動産投資が、もっとも人気があります。

イギリスでは、一昨年7月に300年ぶりの大地震が起き、大騒ぎになったことは、日本ではほとんど知られていません。

その300年ぶりの大地震ですが、イギリス南部、ポーツマス南東の海で深さ10kmで発生し、マグニチュードは3、9だったそうです。(イギリス地質調査員)

警察などによれば、この地震による被害は無いということでしたが、イギリスではこの程度の地震で大騒ぎするんです。

その時に、日本で起こった地震と比べて自分たちの国が、どんなに恵まれた国であるか自覚するらしいんです。

イギリスの不動産投資ですが、日本と同じ島国。

もっとも、賃貸の情報は、ネットや新聞や情報誌になりますが、レストランにも賃貸物件の広告が貼ってあったりします。

又、イギリスの慣習では、礼金がなく、入る前に敷金1か月ぐらいを支払う程度。

そしてイギリスはこのお金は賃貸を出るときに問題がなければ返金されます。

さらに、賃貸物件の多くが家具付きの物件で、そのためか、引っ越し業者数が日本に比べて極端に少なく、

借りてきたバンに身の回りの物を詰めて、手軽に引っ越しをするスタイルが多いといいます。

契約期間は通常は1年。

ちなみに、契約期間の途中で借りている家を出ても、その契約期間の家賃は支払わないといけないのが通例です。

住宅タイプは、マンション型を(フラット)、家(ハウス)と呼び、

ハウスには、テラス、デタッチ(一戸建て)、セミデタッチ、タウンハウスなどです。

イギリスの不動産投資家は、どういうことをしているのかと、いろいろ調査してみた結果、イギリスの不動産価格は驚くほど高く、

不動産価格の高騰が続いていて、普通に働いている若者が結婚し、いざ持ち家を購入しようと思っても、手が出せないというのが現状です。

イギリスは、集合住宅のアパートが少なく一軒家が多いのが特徴。

ロンドンではシェアハウスか、シェアフラットで暮らす人が多く、一軒家で一人暮らしをする人は、余程のお金持ちと言われるでしょう。

しかし、ある程度の金額の部屋でないと、日本人の水準を満たすような、バス、トイレ、キッチン付きの部屋にあり付けません。

なお、イギリスでは入居に当たっての審査が厳しくさまざまなチェック項目があります。

チェック項目は、1、会社の推薦状、2、銀行の推薦状、3、人柄に関する推薦状、4、従前大家の推薦状、5、身分証明書などで、

入居申込者はこれらの書類を提出し審査を受けます。

オーナーに変わりこのチェックをする専門の業者もいるくらいですから。

ちなみに、イギリスでは賃貸住宅比率が全住居の約30%と、他の欧州主要諸国に比べて、きわめて低いのが特徴です。

英国の住みたい場所に、世界の富裕層が集まるといわれるくらい、イギリスの不動産は根強く人気があります。

なので、ロンドンの中心は、2DKのフラットが7000万円前後と、日本では見られないほど住宅価格が高くなっています。

しかし、これでもまだ安い方で、とにかく物件の供給が需要に比べて、圧倒的に希少だといいます。

例えば、延べ床面積60平米ほどの煉瓦造りの築150年の一戸建てが、9000万円となっています。

特にロンドンだと、またたくまに売約済みとなってしまいます。

もっとも、ロンドン及びその周辺はイギリスの中でも格別に人気です。

海外の投資家から見ると、日本は次から次と住宅が建て替えられ、日本の不動産は、高級住宅街であっても、

買った瞬間、中古になって、大幅に値が下がり、物件価値が見込めず投資対象にならないものは多いでしょう。

しかしロンドンの不動産は、一時的な価格の下落はあるものの、現状では右肩上がりで値上がりを続けるといます。

なので投資をしたいという人が増えていて、その主な理由は、次の通りです。

『英国では古い家を大事にして、ほとんど新築が建たない。』ということです。

ということは、慢性的住宅不足なんです。

日本と異なり、築年数がいくら古くても不動産の価値が下がりません。

そしてロンドンなどイギリスの主要都市の住宅は、外国人の住宅需要も高いことがあげられます。

また、英語圏ということがあります。

外国人の不動産投資に門戸を広げていますし。

・・・などなど色んな理由が考えられます。

もっとも、イギリスでは築100年以上がたくさんあり、それが、しかも右肩上がりで上がっています。

スクラップ&ビルドで建てるだけ建てて、家余りに陥ってしまった日本からすれば、想像が付かないでしょう。

地震国日本での不動産投資は怖いという方でも、ロンドンの投資は安心できる方は多いんです。

ロンドンで、不動産物件を探すには、業者を通して、予算を伝えて、相談することになります。

信頼できるで業者に依頼することで、リスクは防げます。

もっとも、イギリスでは住宅の大半が築年数60年以上なので、リフォーム済の物件を買って、家賃収入を得て、

10年後位に価格が上がったところで、売却して利益を得ることが面白いかもしれませんね。

購入して10年後に売却した場合、日本に送金した場合、最大20%が課税されますが、

そんなことを、気にかける必要がないくらい値上がり益が期待できるのではないでしょうか。

信頼できる業者に相談すれば、買って貸すを前提に物件を紹介してもらえます。

又、購入すれば、賃貸に出して、賃貸管理もしてもらえます。

現在ロンドンには約6万人の日本人が住んでいるといわれ、その中でも駐在員といわれる人は、家賃が高くても日本人学校の近くや、

通勤に便利な中心部の高級住宅街を選ぶ傾向があり、3000万円台のフラットでも買えば、

募集すれば10人以上の入居希望者が名乗りを上げるといわれているくらいですから。

不動産情報誌を見てみると、一番安いであろう物件は、寝室一つと居間・台所の古びたアパートで、3000万円ほどの価格がつけられています。

3000万円台のフラットは、ロンドンで月の家賃は30万円は確実といわれていて、

30万位の家賃設定で、長期入居を見込めるということは日本では絶対ありえませんから。

海外不動産投資(ロンドン)に興味がある投資家はお問い合わせください。

※2015年4月以降は非居住者のキャピタルゲインにも課税される方向性が打ち出されました。

 

保険見直し、家計相談など個人向け貯金コンサルティング、財務改善、資金調達サポートなど法人向け財務コンサルティングが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。