このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

home page

国税庁は、富裕層の中でも特に所得や資産が多い「超富裕層」の課税逃れを監視するため、

2014年7月に情報収集の専門チームを東京、大阪の両国税局に発足させた。

国税庁は、富裕層の中でも特に所得や資産が多い「超富裕層」の課税逃れを監視するため、

2014年7月に情報収集の専門チームを東京、大阪の両国税局に発足させた。

通常は税目ごとに担当部署が分かれているが、チームでは横断的に情報を把握。

資産状況やキャッシュフローなどの情報を複数年かけて集める。

国税庁は、国外に5千万円超の財産を持つ人に「国外財産調書」を提出させる制度を始めたばかり。

林信光長官は7月の就任会見で

「富裕層は資産運用が多様で、国外で運用しているケースも多い。的確に課税し国民の負託に応えたい」

としており、今後の取り組みが注目される。

国税庁は税務調査への影響を理由に「超富裕層」の定義を明らかにしていないが、

関係者によると、国内外に数十億円規模の資産を持つ人が対象になるとみられる。

東京国税局は、課税の基本方針を決める「課税総括課」にプロジェクトチームを設け、7人を配置。

大阪国税局も5人で構成する「超富裕層対応チーム」を設けた。

名古屋国税局は専従の職員はいないが、各部署の担当者による協議の場を設けた。

これまで各国税局は、所得税は「個人課税課」、相続税は「資産課税課」など部署ごとに情報を集めており、

小まめに連携することは少なかった。また、すぐに税務調査に役立つ情報が重視される傾向もあったという。

専門チームでは、超富裕層の場合、遺産相続の際に他の納税者より多額の税金が発生する可能性を考慮し、複数年かけて資産などの情報を収集。

相続時に外国に所有する不動産を申告しないなど国際的な課税逃れも問題化する中、蓄積したデータを税務調査に生かす。

2013年6月までの1年間に実施した所得税に関する税務調査では、富裕層に限ると、

申告漏れなどがあった場合の1件当たりの追徴税額は244万円で、富裕層以外も含めた1件当たり平均の約1.7倍に上った。

所得が高い人は税率も高く、税収への影響も大きいことから、専門チームは課税逃れに目を光らせる。

 

保険見直し、家計相談、貯蓄相談など個人向け貯金コンサルティング、財務改善、節税、資金調達、資産運用など法人向け財務コンサルティングが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。