このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

support

103万円の壁を意識して「扶養を外れると損をする」と信じている人も少なくありません。

しかし、実際は103万円は壁にはならず、103万円を超えて働くことで世帯収入が増える場合もあります。

お客さまとの相談の中で、妻がいくら働くかという就業調整の話になることがあります。

就業調整をしている人のうち、配偶者控除の適用を受けるため103万円以下にしている人の割合:約42.4%
(独立行政法人労働政策研修・研修機構「短時間労働者の多様な実態に関する調査」)

103万円の壁を意識して「扶養を外れる=損」と信じている人も多いようですが、

実際は103万円は壁にはならず、103万円を超えて働くことで世帯収入が増える場合もあります。

女性の就業を阻害する一因として配偶者控除の廃止が議論されていますが、103万円の壁については、次のような誤解も多いように思います。

103万円を超えると38万円の配偶者控除がゼロになると思う人もいますが、それは誤解です。

103万円以上~141万円未満の間は「配偶者特別控除」があり、控除額が段階的に引き下げられる仕組みになっています。

ただし、控除を受ける人の合計所得が1000万円を超えると、配偶者特別控除は受けられません。

確かに、控除される金額が下がれば夫の所得税や住民税は増加します。

また妻自身も新たに所得税や住民税を負担なくてはなりません。

しかし「収入の増加>税金の増加」ならば、世帯の手取り額としてはプラスになります。

夫の年収500万円、現在100万円のパート収入を得ているA子さんを例に、妻の収入の変化と世帯の手取りの変化を確認してみましょう。

(※妻の所得控除は基礎控除のみと仮定)

ks_nensyuu01

妻の収入が103万円を超えて、104、110、120万円と増加するごとに夫と妻の税金も増えます。

しかし、それ以上に収入増となっていますので、世帯としての手取額は増えています。

仮に、夫の所得税率が33%になると妻の収入増加の半分程が手取りの増加額となります。

つまり夫の税率が高くなるほど、手取額の増加は小さくなります。

ks_nensyuu02

夫の合計所得が1000万円(年収約1231万円)を超えると、配偶者特別控除が受けられません。

妻の収入が103万円を超えた段階で、夫の課税所得が38万円増加することになります。

また税率も高いので、所得税の増加額が大きくなります。

夫の年収が2000万円程度(所得税率40%)になると、妻の収入が120万円でも世帯手取りは、100万円の時に比べてマイナスとなります。

103万円が壁になる人は表(2)のように夫の合計所得が1000万円を超える人です。

表(1)のように配偶者特別控除が受けられる人は、103万円は壁にはなりません。

しかし、表(1)の場合でも103万円を超えると勤務先の家族手当がなくなる場合や、

妻の収入の増加により保育料負担が増加する家庭では、103万円が壁になる可能性もあります。

消費税8%となり、月20万円を消費する家庭では、年間で7万2000円の増税となりました。

A子さんの場合、103万円の壁にこだわらず110万円働けば、消費税分をA子さんの働きでカバーすることができるようになります。

「手取りが増えても稼いだ半分しかプラスにならないのは嫌だ」
「その程度のプラスなら子どもとの時間を大切にしたい」

そういう考え方も一理あると思います。

また自身のキャリアプランを考慮して「手取りが減っても働きたい」という人もいると思います。

大切なことは、断片的な情報をうのみにせず、正しい情報を得て自分らしい働き方や暮らし方を考え、選択することだと思います。

 

保険見直し、家計相談、貯蓄相談など個人向け貯金コンサルティング、財務改善、節税、資金調達、資産運用など法人向け財務コンサルティングが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。