このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

Gold scales of justice and books on brown background

節税対策を行うためには、「所得」を減らす必要がある。

「所得」という概念は「利益」と似ていますが、別モノでしょう。

利益は収益から費用を差し引いて求められる数値で「会計上の概念」です。

これに対して、所得は益金から損金を差し引いて求められる数値で「税務上の概念」です。

この式を見てみましょう。

法人税=所得×法人税率

所得が下がると法人税が下がります。

所得=益金-損金

所得を下げるためには、益金を下げるか、損金を増やします。

所得≠利益

利益=収益-費用

収益と益金、費用と損金はいずれも似ているが完全には一致していません。

ようは、利益と所得は一致することもありますが、不一致になることも多いんです。

節税対策を行うためには、所得を減らす必要があります。

そのためには、収益ではなく益金を減らすか、費用を増やすのではなく損金を増やす必要があります。

例えば、退職給付費用という科目があります。

退職金規程がある会社が期末に在職する社員に将来支払わなければならない退職金の期末時点の評価額を計算して、

前期から増えた分を「費用」として会計上は処理します。

これは会計上は計上しなければならない費用だが税務上損金として認められていません。

税務上は退職金を支払った時に支払った額を損金算入することになっていて、見積額を損金算入することは出来ないのです。

なお、平成14年度より以前には退職給付費用を損金算入することが出来ました。

このように時代の変遷と共に税法も変わっていくのでそこにも注意する必要があります。

もう一つ重要なのは「資産」という概念。

お金を使えば損金が増えると思いがちだが、税法はそれほど簡単ではありません。

1年以上利用可能な10万円以上の物品については「資産」として税法で定められた期間に応じて損金化するようにルールが定められています。

物品と書きましたが、ソフトウェアや「権利」も含まれる。

houjin-Fixedasset-1024x392

例えば、中古の4ドアのベンツを購入すると節税できるというベストセラー本がありましたが、

10年落ちの4ドアのベンツでも24ヶ月(2年間)の分割で損金化というルールです。

(2014年4月時点では法人の場合200%定率法で償却することが認められているので厳密には12ヶ月で償却出来る)

ということは、決算月に中古のベンツを購入すると、取得価額の1ヶ月分しか損金になりません。

このように数百万円かけた節税対策のはずが、正しい知識を持たないで実行すると、

期待した効果が出ないこともあるということを知っておかないといけません。

 

保険見直し、家計相談、貯蓄相談など個人向け貯金コンサルティング、財務改善、節税、資金調達、資産運用など法人向け財務コンサルティングが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。