このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

img_d3c635d12dbf966557001fe599f584bc105897

2014年からスタートしたNISA(少額投資非課税制度)ですが、

制度が始まってからもより使い勝手のよい制度になるよう検討されています。

たとえば、これまでNISA口座を開設した後は、決められたタイミングでしか金融機関を変更することができませんでした。

しかし、2015年からは毎年、金融機関が変更できるようになります。

そこで今回は、NISA口座の金融機関の変更について押さえていただきたいと思います。

これまでは、一度NISA口座を開設すると次の勘定設定期間(2018年~、2022年~)まで金融機関を変更することができませんでした。

その間、転勤などで転居した際、転居先の近くにNISA口座を開設した金融機関がない場合でも、

変更できないという不便さがありました。

しかし、2015年1月からは毎年、金融機関を変更することができるようになります。

また、当初開設したNISA口座に残高がある場合は、残高はそのNISA口座に残したまま、次の金融機関でNISAを利用できます。

NISA口座を他の金融機関に変更するには、NISA口座を開設している金融機関に対し「変更届出書」を提出し、

その金融機関から「廃止通知書」を受け取ります。

そして、新たにNISA口座を開設する金融機関に「口座開設届出書」と「廃止通知書」を提出し、NISA口座開設手続きを行ないます。

ただし、金融機関を変更する際に気をつけたいことは、ロールオーバーです。

NISAでは5年の非課税期間が終了した後など、その翌年の枠に移管(ロールオーバー)することで保有期間を延ばすことができますが、

ロールオーバーは、同一の金融機関同士でしかできません。

よって、当初NISA口座を開設した金融機関から別の金融機関に変更した場合には、

ロールオーバーの権利を放棄したことになりますから気をつけないといけません。

003l

経費削減、財務改善、節税、資金調達、資産運用など法人向け財務コンサルティング、保険見直し、家計相談、貯蓄相談など個人向け貯金コンサルティングが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。