このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

e59bbde7a88ee5ba81e38080e5a4a7e9878fe381aee382bfe38383e382afe382b9e38398e382a4e38396e383b3e8b387e69699e585a5e6898bnhk13-6-11

租税回避地(タックスヘイブン)を使用した個人や企業のリストが、ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)によって先日公表されました。

日本人についても数百件が公開され、掲載された人は戦々恐々かと思っている矢先、

事情通は「シンガポールのPBから漏洩した可能性が高い」とした上で、「この(日本人の)リストのレベルは、当局もそれほど躍起になって動くほどではないだろう」としていますが、

問題視しないといけないのはプライベート情報が漏洩したという事実です。

たいしたことでは済まされません、次は我が身とい心構えできちんと申請しておきましょう。

オフショア法人及び口座を活用する際はきちんとした業者選びをしないとこういうことになります。

今回の事件は、ICIJと提携関係にある報道各社がすでに、その存在を伝えていますが、

その報道によると、このリストはタックスヘイブンの会社設立などを代行する専門業者の内部文書だということです。

ファイルの件数にして250万件、中にはフィリピンの故マルコス大統領の愛娘らの名前が出てきますからビックリ。

そして、気になる日本関連については、のべ450件以上の住所、40以上の法人が公開されている。

その名前は、総合商社、著名アパレルなどの大企業や上場企業も登場しますが、

これらは取引慣例などで使っている可能性がひじょうに高く、資産隠しをしているわけではなく、当局への申告もきちんと行っていると見られています。

また、フォーブスの長者番付で常に日本の上位20傑に入る大富豪や、すでに亡くなったが著名な投資家、有名健康食品会社創業家、バブル期に1兆円帝国を築き上げた闇紳士をはじめとした名前が出てきます。

中には地方銀行の支店が住所になっているものもあったり、不可解なリストも存在し、リストを見てみると興味深い名前もそれなりには出てきます。

これだけの大量のリストが漏洩することは前代未聞だが、どこから漏洩したのでしょうか?

事情通によると「シンガポールのプライベートバンク(PB)から漏洩した可能性が高いでしょう」とのこと。

それというのも、英領バージン諸島(BVI)、クック島を使っているケースが数多く見られるためで、

シンガポールのPBが半ば手続きを簡素化するためのパッケージ化として、BVIなどを使っているケースが多く、一般的にはシンガポールのPBが起用しているものと見られています。

「(タックスヘイブンに)手慣れた人たちではなく、PBとの取引で勧められた人も多いのではないでしょうか。香港やシンガポールはBVI経由が多いため、いつかバレるとは思っていましたが…」(同)。

日本などの東アジア、東南アジアなどはタックスヘイブン、オフショアと言えば香港、シンガポールを使う傾向が強いために、いっせいにバレたと言えるのかもしれませんね。

逆に手慣れた人たち、いわゆるタックスヘイブンの「上級者」には、あまりお勧めはされていません。

また、リスト掲載者の自宅の様子からも、豪邸は数少なく、実際には普通から少しアッパーと思われるものが多いということ。

驚くことにマッキンゼーの調査によると、タックスヘイブンにある現金の溜まりは約21兆ドル(約2100兆円)とされています。

しかし、巨額の資金が動いているというよりはどちらかと言えば、数百万円~数千万円クラスの金額ではないかと考えられています。

約450件の中では、東京が206件、大阪が24件で約半分を占めており、北海道をのぞいて地方にも広く点在しており、中には離島などもありました。

実際のところ、当局にとってはこれだけ多くのリストが公開されたとあれば、目を光らせることは間違いなく、今後の調査に何らかの参考にはすることは間違いありません。

また、税理士法人がリストに登録されているケースもあり、興味深い名前もあることは事実で、一般公開されてはいるものの、貴重な資料となりますね。

さっそく、ICIJ (International Consortium of Investigative Journalists 国際調査報道ジャーナリスト連合)のサイトへ行って、

日本の租税回避者・会社がどれくらいデータベースにエントリ―されているのか調べてみました。

ICIJのHPはこちら  ⇒ http://www.icij.org

icije381aehpe381aee794bbe5838f

ICIJが公開したデータベース検索サイトはここ ⇒ http://offshoreleaks.icij.org

ステップ1 ☛ 上記検索サイトのアドレスをクリックすると以下の画面が出ますが、チェックボックスをチェックして「Submit」をクリックします

icije585ace9968be38387e383bce382bfe38399e383bce382b9e6a49ce7b4a2e382b5e382a4e38388e794bbe5838f1

「Submit」をクリックすると以下の検索画面が出てくる。

icije585ace9968be38387e383bce382bfe38399e383bce382b9e6a49ce7b4a2e382b5e382a4e38388e794bbe5838f2

ステップ2 ☛ 日本の租税回避者・会社を検索したい場合は、検索欄に「Japan」と入力し「Search」をクリックします

icije585ace9968be38387e383bce382bfe38399e383bce382b9e6a49ce7b4a2e382b5e382a4e38388e794bbe5838f3

そうすると以下の検索結果画面が出てきます

icije585ace9968be38387e383bce382bfe38399e383bce382b9e6a49ce7b4a2e382b5e382a4e38388e794bbe5838f4

もう一度言いますが、こういう惨事が我が身に起きないとも限りません、

そのためにきちんとしたパートナーやアドバイザー、投資家仲間から情報収集されることを強くオススメします。

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

e4b896e7958ce381aee4b8bbe381aae382bfe38383e382afe382b9e38398e382a4e38396e383b3e59cb0e59bb3

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。