このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

Burj_Al_Arab_noche

 

1991年、単体の建物としては世界一の高さを誇るホテル(321メートル)として、鳴り物入りでオープンしました。

その後、世界一の名は72階建てのマリオット・マーキースホテル・ドバイ(355メートル)に譲ったものの、ホテル内にあるアトリウムは、いまだ世界一の高さを誇る建物としてギネス登録されています。

アトリウムの噴水は180メートルにおよぶというから、ドバイの大物はオープン当初から、すべてにおいて世界一制覇を目指していたのでしょう。

ブルジュ・アル・アラブはすべてがスイートなので、ベッドルームの数(1ベッドルーム、2ベッドルーム、または3ベッドルーム)でカテゴリー分けされています。

各フロアーにバトラーが24時間待機するレセプションデスクがあり、専任バトラーが要望やわがままを叶えてくれます。

ブルジュ・アル・アラブは、海にせり出した人工島に建てられたため、全室オーシャンビュー。

トップカテゴリーのプレジデンシャルスイート、667平方メートルを誇る、2ベッドルームのプレジデンシャルスイートを例にとった、その7つ星ぶりはこちら。

dubai_665_20

インテリアは予想を裏切らない豪華な金ピカだが、おもわず感嘆の声が漏れるほどの徹底ぶり。

インテリアはアラブ様式にまとめられ、随所にゴールドが光っている。

1階は巨大なリビング、ダイニング、書斎エリア(専用のマック、ファックス、プリンターを完備)、2階にはバーカウンター付きのリビング、ふたつのベッドルーム、巨大なバスルームがある。

豪華な家具と装飾の連続だ。海、ビーチ、ドバイの摩天楼を臨む大きな窓のカーテンはすべてリモコン操作、7つ星ホテルはハイテク重視のようだ。

巨大なバスルームにはプリンセス気分になれるジャグジー、ダブルシンクの洗面台にはエルメスのフルサイズのアメニティーが並ぶ。

女性用には「Kelly Caleche」のパフューム、ソープ、ボディーローション、男性用には「Terre D’Helmes」のアフターシェーブ・ローション、デオドラントといった具合に。

独立したシャワーブースにも、おなじエルメスのフルサイズのシャンプー、シャワージェルが置いてあり、滞在中は常にエルメスの香りを身にまとうことになる。

わかりやすいラグジュアリーな対応だ。ジャグジーの横にやはりエルメス「Kelly Caleche」の入浴剤も置いてある徹底ぶりには脱帽。

バスルームのアメニティーに加え、毎晩のターンダウンサービスでは、追加のエルメス・グッズがベッドに置かれ、ここまでやるかと感心してしまうだろう。

特筆したいのはセキュリティの高さでブルジュ・アル・アラブは人工島に立つので、ドバイ本土とは橋で繋がれています。

橋の入り口のセキュリティーは厳しく、宿泊客またはレストランの予約の確認が取れないとなかに入ることすらできません。

地上300メートル地点にプライベート・ヘリポートも備えるほど、ここは世界各国から国賓級のゲストを迎えることも多く、セキュリティーの万全さも徹底している。

そんな“鉄の扉”をかいくぐってでも、7つ星ホテルでの食事やアフタヌーンティーを楽しみたいという人は多く、高額であるにもかかわらず、ホテル内のレストラン、アフタヌーンティーは連日予約でいっぱい。

burj-al-arab-restaurants-skyview-bar-01-hero

27階にある人気の「アル・ムンタハ・レストラン」は地元の家族連れやカップルでほぼ満席。

ドバイを一望する景色が自慢のアル・ムンタハは、ヨーロピアン・キュイジーヌで知られているが、

メインはもちろん前菜も1万円未満のメニューは少なく、料金など気にしないという人にオススメかもしれない。

アッパーロビーのラウンジでのアフタヌーンティーも人気だが、ここもグラスのシャンパーニュ1杯付きで約1万2000円という贅沢さ。

ドバイの情報誌として人気の「Time Out Dubai」でベスト・アフタヌーンティーにも選出されています。

そしてアラブ料理を楽しめるビュッフェ・スタイルの「アル・イワン」はぜひチェックしておきたいお店の1つ。

ドバイ市内では、アラブ料理より他国料理のレストランが多いこと、また地元のレストランでは一切アルコールが提供されないことなどを考えると、

ホテル内でクオリティーの高いアラブ料理を食するのが賢い選択だでしょう、アル・イワンはランチでひとり1万円弱、ディナーでひとり1万1000円ほどです。

Al-Mahara_1

また“世界初の水族館レストラン”として人気の「アル・マハラ」も外せない。ランチタイムもディナータイムも予約殺到中なのだそう。

レストランの奥には、鮮やかな色彩で彩られた専用の水槽が壁の一部を成すプライベートルーム、クリナリー・フライトが隠されている。

dubai_665_48

ホテルの18階を占有しているのは「アサワン・スパ」。アラビア語で“癒しの石”という意味を持ち、14のトリートメントルームを有するこのスパの人気は、インドアのスイミングプール。

人気の秘密はただのスイミングではなく、ロマンチック・ムーンライト・スイミングと称した貸し切りプールのアレンジで、水面にキャンドルを浮かべ、シャンパーニュを楽しむことができるもの。

このアレンジは特に地元っ子に人気で、ディナーのあとに1時間半ほど、このプールで星を見ながらくつろぐそうだが、

彼らの場合はシャンパーニュがスパークリングウォーター、またはデーツで作られたスパークリング・デーツ・ジュース(見た目はシャンパーニュ)になるのでしょう。

料金は日本円で約19万円。1時間半ほど水に浸りながら星を眺めるのに20万円近く払うゲストが絶えないのは、やはりドバイならではなのかもしれませんね。

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

burj-al-arab-suite-1 dubai_665_15 dubai_665_23 burj-al-arab-dubai-1024x1280 burj_al_arab_17 dubai_665_19 dubai_665_18 dubai_665_12 dubai_665_14 dubai_665_17 Burj_Al_Arab_noche Copyright Burj Al Arab (0) S

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。