このエントリーをはてなブックマークに追加




記事の詳細

mechanism_img_01

日本には世界有数のファンドが存在します。

それは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)で、

運用資産総額は121兆116億円に達する。世界の公的年金と比べての規模は段違いで、

大きな影響力を持つ米国のカルパース(CalPERS、カリフォルニア州職員退職年金基金)でさえ26兆円で、その大きさがわかります。

だが、リターンは心許なく、2001年度からの実質運用利回りは2.04%と低利で、しかも基金の取り崩しはすでに始まっていて、

おまけに、厚生労働省からは2031年に基金が底をつくと宣告されている中で、

日々の運用が行われているという危うい基盤の上に成り立っているということを理解しておかなければなりません。

GPIFは公的年金の原資となる基金を運用しており、2001年度からの実質運用利回りは、

12年間で2.04%(名目1.54%)となっています。

そして各年度の運用益は次のとおり。

※平成24年度 業務概況書

2012年度 9.98%
2011年度 2.51%
2010年度 -0.95%
2009年度 12.44%
2008年度 -7.37%
2007年度 -4.63%
2006年度 3.51%
2005年度 9.76%
2004年度 3.11%
2003年度 7.90%
2002年度 -5.61%
2001年度 -3.75%

ちなみに2013年度は前年度以上となる見通しですが、

すでに取り崩しが行われており、運用資金は流出が始まっている点は見逃すわけにはいきません。

2009年度に4兆円を取り崩したことに始っていて、

それ以降10年度6兆円、11年度6.4兆円、12年度8.9兆円と資金流出が続いています。

2012年度こそ成績が良く、11兆2222億円の運用収益となっていますが、

過去12年のうち5年はマイナスだということ。

プラスの年にしても取り崩し金以上の運用収益額を必ずしもあげているわけではありません。

以下は、年度ごとの収益金だ。2012年度のペースで毎年運用することができるなら良いのですが、

実態はそこまでうまくいっていないのが現状。

2012年度 11兆2222億円
2011年度 2兆6092億円
2010年度 -2999億円
2009年度 9兆1850億円
2008年度 -9兆3481億円
2007年度 -5兆5178億円
2006年度 3兆9619億円
2005年度 8兆9619億円
2004年度 2兆6127億円
2003年度 4兆8916億円
2002年度 -2兆4520億円
2001年度 -5874億円

ちなみに前出したカルパースと比較してみましょう、

お互いのポートフォリオをETFを使って再現し、2009年7月~2011年6月までの2年間の成績を比較するとどうなるでしょうか。

grp-09

結果はカルパース15.21%に対してGPIFは3.44%になります。

実に4倍以上の差になっているのがおわかりでしょうか。

カルパースは新興国株式などグローバル株式に56%資金配分するなど、積極的な投資を行ったことでこの差が拡がったもので、

GPIFはすでに中期計画の変更案で、国内債券の保有比率を67%から60%に低下させています。

その代わりに外国債券を8%から11%へ、外国株式を9%から12%へとそれぞれ増加させ、

海外を含めてよりリスク性資産を持つことで、リターンを上げていこうとしています。

勿論、2年間の成績を抽出しているので抽出する箇所によって大きく変わるし、

これだけで比較にはならないという意見もあるでしょう、

つい最近の話ですがアベノミクスで大きく利益を上げているという事実もあります。

TKY201307020559

ここで言いたいことは国民からすれば、より高いリターンを出してもらいたいし、

今のままの年金運用パフォーマンスは本当に妥当と言えるのでしょうか。

アベノミクスや東京五輪で利益が出るのは株価が上がるのは当然で、

短期的な話ではなく中長期的に不足分をカバーできるだけの運用利益を出してけるのかが肝心です。

実際は国民は年金運用をGPIFに一任していますのでどうにもできない部分がありますが、

やはり2031年に積立金の枯渇という予測は、現在、40歳台以降の現役世代にとっては、大きく立ちはだかる難題に違いありません。

年金を払うなという話ではありませんから誤解しないでください、

けれども「もう公的年金はもらえない」というくらいに考えても考えすぎではありません。

国にすべてを任せる前に、やれることは自分でやる。それは、公的年金も同じです。

ようは結局、年金準備に対して何が大切かというと、自分に必要なお金が準備できる目算が立っているのか?

という1点だけで、現金預金でも定期預金、保険でも言いでしょう。

公的年金に頼りっきり、国がなんとかしてくれる、の一点張りではいけないということです。

資産運用などはちょっと...と考えてる人でもこれくらいは明確に持っておくべきでしょう。

ようは、効率よくお金を貯めたいって人や、

今のままではお金が足りない、準備できないって人のために資産運用を行えばいいのです。

 

 

投資家サポートが必要な方はお問い合わせください。

☟クリックして応援してください☟
にほんブログ村 為替ブログ FXファンド・マネージドアカウントへ 

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。