このエントリーをはてなブックマークに追加




税金対策

  • 巷に溢れる節税商品の何が悪いのか

    儲かったら節税って本当? 会社には経営者の様々な想いがあります。まさに、十人十色で一概に決めつけることはできません。けれども、共通していることは会社の利益率を上げたいならばキャッシュ(手元現金)が必要で、利益額を上げたいならレバレッジ(資金調達)が必要でしょう。

  • 国際課税、BEPS対策、グローバル企業の行き過ぎた節税、国際課税は歴史的転換点に?

    タックスヘイブン、軽課税国などを用いたグローバル企業による節税対策が、OECD(経済協力開発機構)加盟国やG20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)構成国によってここのところ問題視されており、それに向けた対応策の策定が急ピッチで進められている。

  • 香港との租税協定の情報交換規定に関する書簡が交換

    日本国政府と中華人民共和国香港特別行政区政府との間で、 「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府と中華人民共和国香港特別行政区政府との間の協定」 (平成22年11月9日署名、平成23年8月14日発効)に関する書簡の交換が行われま…

  • 3分でわかる「租税条約」

    日本もアメリカ・イギリス・中国をはじめ、世界の63カ国と二国間租税条約を締結していますが、 その主な役割は、他ならぬ二国間での「二重課税の回避」です。 日本企業・個人が海外でモノを売って得た所得に対する“国際的二重課税”。

  • 航空機リース、節税目的で法人資金流入

    航空機のリース取引の国内市場が賑わっています。 経済政策「アベノミクス」や東日本大震災の復興特需で潤った法人の資金が流れ込み、法人税の節税に使われているからです。 法人のオーナーにとっては相続税対策にもなります。

  • 富と税の関係、税は資本主義を守る?

    所得税や相続税は日本の場合、累進税率で豊かな人ほど重い税がかかる仕組みになっています。 日本の所得税の場合、課税所得(所得からさまざまな控除を差し引いた金額)が大きいほど高い税率が適用されます。 現在は最低で5%、最高で40%です。

  • ディズニーの実行税率は0.3%て本当?

    米ウォルト・ディズニー・カンパニーがルクセンブルク、ケイマン諸島の子会社を経由することで、 2010~13年までの4年間で税率をわずか0.3%に抑えて節税していたことが、 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の調査結果によって明らかになりました。

  • 生命保険で節税対策?まぁ、セオリーですよね。

    中小企業の節税対策でよく使われる生命保険、その理由は以下の3つの理由があります。 ①貯蓄性の高い生命保険は金融資産になり得る ②生命保険の経理処理は特徴的 ③実態と税務通達のギャップがメリット この3つの理由について詳しく見ていきましょう。

  • まだまだ流行ってる?逓増定期保険の使い方

    中小企業法人において、役員の保障・節税対策に利用される逓増定期保険、読み方は「ていぞうていきほけん」と読みます。

  • 節税対策のための前提条件

    ①青色申告の承認申請が出ていることを確認 青色申告の承認申請書が未提出の場合、実行できない対策があるからです。 その場合は、その施策を今期に実施するのは諦めて来期に向けて申請書を提出しましょう。

  • 節税対策の基本的な考え方

    節税対策を行うためには、「所得」を減らす必要がある。 「所得」という概念は「利益」と似ていますが、別モノでしょう。 利益は収益から費用を差し引いて求められる数値で「会計上の概念」です。

  • 法人税を節税する3つの目的

    具体的な節税対策の話に入るまえに、節税の目的について、確認しておきましょう。 わたしは節税の目的は次の3点にあると考えています。

  • 富裕層の税逃れ対策を強化?

    政府・与党は21日、富裕層の税逃れ対策を強化する検討に入りました。 1億円を超える金融資産を持つ富裕層が海外に移住する場合は株式などの含み益に所得税を課税する。 仏独などがすでに導入している仕組みで、日本では年間100人程度が対象になる見通しです。

  • 租税回避、これからどうなる?

    9月16日、OECDからBEPS(Base Erosion and Profit Shifting「税源侵食と利益移転」)プロジェクト第1段の報告書が公表されました。

  • 企業も租税回避したくなる法人減税?

    米国の多国籍企業の行き過ぎた租税回避行動に対して、 米国政府や議会は、警告を発したり、法規制を導入しようとしています。 こうしたタックスプラニングの中には日本国企業も関係しているものもあるが、日本国の対応は鈍い。

  • 特別損失を増やす方法|法人税 節税対策

    バブルが崩壊して久しく経ち、地価も底を打った感がありますが、 簿価と時価とを比べると、簿価の方が高い資産が、まだまだ散見されます。 このような資産は、直ちに売却しましょう。売却と言っても実際に売るのは‥という方は、社長やグループ会社への売却を検討してください。

  • 特別利益を減らす方法|法人税 節税対策

    償却を終え、古くなった社用車は下取りに出すと利益が出ることも考えられます。 下取り価格は隠れた値引き項目となっているのです。 しかし、そこで値引きをされると買替は節税にとって大きくマイナスです。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.