このエントリーをはてなブックマークに追加




2014年 12月

  • 2015年度版NISA、何が変わる?

    2014年からスタートしたNISA(少額投資非課税制度)ですが、 制度が始まってからもより使い勝手のよい制度になるよう検討されています。 たとえば、これまでNISA口座を開設した後は、決められたタイミングでしか金融機関を変更することができませんでした。

  • オーストラリアの大手FXブローカー「Pepperstone」が取引終了

    日本の金融庁とのやり取りの結果、ペッパーストンがついに日本人客と決別する事を決めたようです。 この影響は大きそうですね。既存顧客も年末で強制的に終了。 このほかオーストラリア業者だと、IC marketsやThink Forexなどが時間の問題のような流れのようです。

  • 法改正で課税対象2倍に?他人事でない「相続破産」

    「相続税」と聞くと、多くの人が「そんなもんウチには関係ねーよ」と思うかもしれませんが、 来年からそうも言ってられなくなるのをご存じでしょうか。 2015年1月1日から改正相続税法が実施され、基礎控除額がガッツリと引き下げられます。

  • 香港との租税協定の情報交換規定に関する書簡が交換

    日本国政府と中華人民共和国香港特別行政区政府との間で、 「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府と中華人民共和国香港特別行政区政府との間の協定」 (平成22年11月9日署名、平成23年8月14日発効)に関する書簡の交換が行われま…

  • 3分でわかる「租税条約」

    日本もアメリカ・イギリス・中国をはじめ、世界の63カ国と二国間租税条約を締結していますが、 その主な役割は、他ならぬ二国間での「二重課税の回避」です。 日本企業・個人が海外でモノを売って得た所得に対する“国際的二重課税”。

  • 航空機リース、節税目的で法人資金流入

    航空機のリース取引の国内市場が賑わっています。 経済政策「アベノミクス」や東日本大震災の復興特需で潤った法人の資金が流れ込み、法人税の節税に使われているからです。 法人のオーナーにとっては相続税対策にもなります。

  • 富と税の関係、税は資本主義を守る?

    所得税や相続税は日本の場合、累進税率で豊かな人ほど重い税がかかる仕組みになっています。 日本の所得税の場合、課税所得(所得からさまざまな控除を差し引いた金額)が大きいほど高い税率が適用されます。 現在は最低で5%、最高で40%です。

当サイトについて

当サイトは年収3000万円以上の富裕層の方向けプライベートクラブFORTUNAの会員向けサイトです。FORTUNA Ltd.によって企画・運営されており、専門スタッフによる電話(Skype)インタビューや各種書類の照合などを行い、税込年収3000万円以上の方のみにご入会いただいています。 現在は、既存会員からのご紹介者様のみを受付しております。 入会審査をご希望の方は、既にFORTUNAをご利用の方からの招待メールの内容に沿って申請をお願いいたします。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。         ◇ FORTUNA Ltd.について            Fortuna Ltd.は2011年に設立され、オフショアに精通した国際弁護士、会計士、金融機関経営出身者、金融マーケティングの専門家により運営されています。 個人資産の形成、運用、相続スキームの構築を始め、企業年金や退職金運用など中長期的な資金調達やM&Aスキーム構築等、個人及び法人の資産運用の導入プランの設計、及び財務コンサルティングを専門とするサービスを提供しています。
ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.