このエントリーをはてなブックマークに追加




現金の価値を最大化させるには節税が必要

キャッシュを最も残す考え方

企業として現金の価値を考えると、下手に節税商品を使うなどして税の繰り延べを行い現金の流動性を失ってしまうコストの方が割高だと言えます。通常通り納税をして内部留保をすることが最も現金が手元に残り、機会費用を考えても価値の高い現金の使い方だと判断することができます。もし仮に、現金を手元で運用しながら税の繰り延べ、完全な利益圧縮が行えるとすれば話は一転します。

やってはいけない節税

節税のために現金を支出するのか否か、法人税等そのものが減少するのか支払時期を将来へ繰り延べているだけなのか、大きく分けて2つのパターンしかありません。法人税を圧縮するか繰り延べるのかに関係なく、まず節税のために現金を支出する場合は現金のハードルレートや期待利回りと比較しなくてはいけません。現金よりマイル価値は低いのに、マイルを貯めるためにカードを使うのと同じ発想で、節税効果よりも現金価値の方が高ければ節税対策以前の話で本末転倒です。

普遍的な仕組みは存在するか

OECDのルールが正式に決まっても、各国で異なる税率や税制の改正が必要になり、2国間協議により節税防止策を徹底させるのは容易ではありません。BEPSなどのレポートを観察して大きなトレンドがあれば対応を変化させる可能性も考えられます。仮に経過措置までに対応できなくても、改正前に遡って徴収できません。今後も納税者と税務当局の知恵くらべは続いていくものと思われます。

理想的な節税は

節税した利益が現金として手元で管理できること。多くの企業は節税効果より現金としての貨幣価値の方が高くなってしまいます。経営資源として使い続けながら1年という決算義務に左右されない状態が理想的な節税といえます。

手元現金が増えるということは

節税した現金を最投資する場合、初期投資分が圧縮できるので投資案件で言えば実質利回りを底上げすることができます。節税した現金を返済すれば融資コストを削減することができ利益率を上げることも選択できます。

会社は1年で締めるから悩ましい

決算は何故しないといけなのか、それは納税をするための義務です。単年で予算を使い切らなくても、利益に課税されない状態を作れば1年という枠組みを超えて条件の合うものだけに投資を実行することができます。

影響の輪は身近な親しい仲間から

税金を納めて国に使ってもらうより、自分の会社で雇用や価値の創造に使った方が社会貢献できるという自負できる方は積極的に節税を行いましょう。お金が有効的に使われているかどうか、価値を生み出している絶対量で評価できます。最近はふるさと納税など納税するカタチも変化しています。実利だけでなく、思想や考え方を基にもう一度税金に対する自分のスタンスを考えてみましょう。
ご興味がある方はこちらまでお問い合わせください。コンサル事例はこちらの記事を参考にされてください。

ページ上部へ戻る

Welcome to FORTUNA PRIVATE CLUB.

ENTRANCE


Lost your password?

 

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!

You must either be invited by one of our team member or request an invitation by emailing the site administrator at info@fortuna.sc.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。